知らないと怖い炭水化物ダイエットの副作用

炭水化物。。


「炭水化物と言えば脂肪になりやすいから抜いてまーす」


って単純に考えてないですか??


ところがどっこい


これがとんでもない落とし穴なんですね^^;



そりゃあ、一時的には体重は落ちますよ?


一時的に。


でもしばらくすると体に異変が起きるんです


チェックアイコン(青).png :タンパク質が失われる



炭水化物はエネルギーの元というのは知っていると思いますが

炭水化物をとらなくなるとエネルギーがありませんよね?

じゃあどこからもってくるか?

なんと、タンパク質を分解してエネルギーにするんです(゚Д゚;)ガーン




もう一度言います。たんぱく質を分解するんです!




「な~んだそんなことか」って思わないで最後まで聞いてね^^;


人間の成分はほとんど水とタンパク質で作られているんですね。


ということは。。。



頭のいいあなたならもうお気づきですね!



そう、筋肉がなくなっていくんですよΣ(・□・;)ガガがビーン



筋肉が落ちるということは基礎代謝が落ちるってこと。



つまり、やせにくく太りやすい体質になるってことなんですよ


よく炭水化物抜いて頑張ったのにリバウンドしたって話きいたことないですか?


これがその正体です


好きなもの我慢して太りやすい体質になるなんて最悪ですね^^;





タンパク質が減って困るものはそれだけじゃないんですよ


女性の命ともいえる髪とお肌もボロボロパサパサになっていきます


これは当たり前なんです。だってタンパク質分解されてますし!おすし!


チェックアイコン(青).png:口臭と体臭がきつくなる


炭水化物をとらなくなると脳に栄養がいかなくなる

すると、体が危険と察知して

体の脂肪からケトン体という物質を作り出す

これが臭いの原因となる



チェックアイコン(青).png :体温が下がり、免疫も弱くなる



筋肉が弱くなると血の巡りが悪くなるので体温が下がりやすくなる


筋肉って動いたりするとき、血管を刺激するポンプみたいな役割をするんですよ


それが弱くなるってことはそりゃ体温下がるよね


さらに、免疫力も弱くなる


免疫細胞もタンパク質でできているので当然と言えますね


体温が低下して免疫もなくなるって。。。。

冷静に考えなくてもめっちゃこわいですやん。。。


体温が低下して免疫が弱くなると当然


風邪の治りが遅くなったり

ふだんからならないような細菌に感染しやすくなったり

最悪、ガンにもなりやすくなるということ。





大げさかもしれませんが

大げさじゃないんですよホントに!





年を重ねるごとにこうなる確率はあがりますし

体質もひとそれぞれなので、若いからって

ご飯をぬいたりするのは逆効果どころか

リスクしかないわけです




何が言いたかったかというと、程よい量をバランスよく食べて運動が一番ってことです

それだけでも勝手にやせると思いますよ^^


それができたら苦労はないって?


エネルギー(炭水化物)をとる、タンパク質をとって適度に運動して最低限の筋肉を維持する、ビタミンで吸収をたすける、ミネラルで水分を補給する


これだけです。これをすることで筋肉が維持できて結果、代謝も上がってお通じもよくなって勝手に痩せるんです


でも。。。


いつもバランスのいい食事と運動って大変じゃないですか?


そこでやっとサプリの出番ってわけです^^


そもそもの栄養を取らずにサプリだけ飲んでも効果がでないばかりか

リスクしかないんですよ



多少大げさに言いました!すいません。。。


反省はしていません(笑)


冗談抜きでホントですよこれ。


正しいやり方でやれば肌ツヤも髪も健康も守れて痩せやすい体を作れるわけです


即効性は求めずじっくりやる方が後々楽になるってことですよ^^b


今回はかなり説教くさくなってしまいましたが


やっぱり反省はしてません(笑)


ぜひ、意識してやってみてください^^


あなたの成功を応援します^^b


目次に戻る

この記事へのコメント